■ご報告■
SBH2ボードの初期ロットにNCO周波数設定で5MHz以上の周波数が正常に出力されないバグが確認されました。 この症状が確認された方は基板をお預りして修正版FPGAを書込致します。
希望される方は radiun.net@gmail.com までご連絡下さい。

SDR Block HF2

SDR Block HFは計測や業務用受信機など産業用途の組み込みボードとしての依頼が数件あり、それに応じた改良を繰り返してきました。そこで今回、それらのノウハウを反映させた改良版「SDR Block HF2」を発売開始しました。

大きな特徴は初段に0〜80dBの可変ゲインアンプ(VGA)を内蔵し、A/Dの分解能を14bitに上げたことです。そのため最適なFPGAの設計をやれば、最大0dBm(0.6Vpp)から-150dBm以下、帯域を絞れば-160dBm程度まで観測できるようになりました。

従来の電子ブロックアプリ「SDR ASM」もそのまま使用できます。ただしSDRブロックはその複雑なマトリクス構造から制約が多く、内部信号バスは全て12bitに統一されています。そのためA/Dの14bitをフル活用できませんが、そこは便利さと引き換えに割り切っております。

このボードの正しい使い方は、SDRブロックで初期のアルゴリズム検討など実験を手早く行い、性能が出そうだと判断したら自分でVHDLを書いて最適化設計をするという感じだと思います。実際、私も各種組み込みでその手順で開発を進めたところ、大幅な工数削減ができることを実感しました。

ソースコードも一部のIPを除いて公開致します。大抵のSDRの設計では同じ回路ブロックを使いまわし、用途に応じて若干のモディファイをする程度であるため、これで十分役に立つのではないでしょうか。

Windows版SDR_ASMリリース開始

SDR Block AM/HFどちらも操作可能で、リアルタイム波形表示できるWindows版アプリケーションをリリースしました。

回路の設定も電子ブロックと同じ操作感で視覚的、直感的に扱えます。ダウンロードはここから行えます。

今月発売のトラ技3月号からこのSDR計測に関連する連載が開始されます。

User Manual アップ

SDR Block HF を海外で販売するため、英語版のUMを作成しました。

SPIコマンド、EXCEL操作方法、回路図、サンプルプログラム、スペックなどの情報を含んでいます。内容はEXCELシートに付属している情報とほとんど同じなので、日本語の情報はEXCELシートをご覧いただけたら十分かと思います。

また、SDR Block AMのFPGAを「SBA1-B1.pof」にアップしました。個体ばらつきでタイミングエラーが出て波形にノイズが乗る不具合を改善しています。

POFファイルをアップしました

SDR Blockの「ダウンロード」にて、FPGAのPOFファイルをダウンロードできるようにしました。AMとHFの両方あります。

AM基板の方は今後様々な記事に汎用FPGAボードとして利用される事から、元に戻せるようオリジナルPOFファイルを置いておきます。

また、SDR Blockの連載も近く始まるため(第1回の原稿はもう渡してあります)進行に伴ってバージョンアップも進んでいく予定です。

セミナ情報

SDR Block AMを使ったKIT付き実習セミナー「実習・計測のためのスペクトラム・プロセッサSDR入門」を開催します。

SDRはラジオに限らず計測器など様々な応用ができることに重点を置いたセミナーです。電子ブロックのように自在にFPGA内部を組み替えられるSDR Blockの特徴を生かしてその場で様々に機器になる様子を実演、実習して頂けます。

SDR Block発売開始

トラ技9月号が本日発売になり、合わせて今回の特集で執筆した「SDR Block」シリーズのボード3種類が発売開始になりました。

CQTVでの解説動画も公開されています。Radiun.netのホームページ上でリンクを張っています。興味ある方は御覧下さい。

昨日(8/9)にCQTVの撮影と聞いてCQ出版まで伺ったのですが、現場でなんと「生配信」と聞いてびっくり、リハーサルもほぼ無しでぶっつけ本番だったため15分くらいの予定が気がついたら1時間近くにもなってしまいました。

リアルな信号処理は紙面ではなかなか伝わらないので、動画はかなりSDRの実動作の雰囲気をお伝えできると思いました。