インピーダンス測定対応

インピーダンスを測定するための改版をすすめています。

抵抗3本を使ったブリッジを使用、サウンドカードから出力1本、入力2本(L+R)で測定するため、サウンドカードの内部抵抗はキャンセルされので内部抵抗の測定は不要になります。

これは言い換えると、サウンドカードとブリッジの間にアンプを入れても同じように測定できることになります。スピーカーのような駆動能力が必要なものにも対応できます。

これがインピーダンス測定する新しい回路図です。

位相測定のためにヒルベルト変換ブロックを追加しています。ヒルベルト変換とはFIRフィルタで構成される90度位相シフタです。

LPFも3つ必要になるため新たに同時に10個まで使えるIIRフィルタブロックも追加しました。IIRフィルタは計算の負荷が軽いため同時に多数個使っても問題ないです。

これがヘッドホンのインピーダンスの測定結果です。明るい輝線がスカラー値で暗い方が位相です。それぞれ25Ω/div、22.5°/divです。

メモリがリニアで数値を大変読みやすくなっています。

ヒルベルト変換などのFIRを使っているためサンプリング周波数とバッファ長によって決まる周波数の下限があります。ここでは50Hz以下のインピーダンスは不正確です。上限はサンプリング周波数で決まるためここでは24kHzです。

インピーダンス測定部分はほぼ完成していますが、他にも色々と不具合修正や改良ポイントがあるためバージョンアップのリリースは少し先になりそうです。