SDR機能追加

あけましておめでとうございます。

近く実施するバージョンアップに向けて、SDR機能も追加する予定です。

オーディオインターフェイスのLch/RchをI/Q信号として取り込む方式で、以下の回路例で評価中です。これはDSB受信回路になります。

オーディオインターフェイスのサンプリング周波数が192kHzの場合、理論上の帯域は96kHzになりますが、IQの2チャンネルで帯域が倍になる効果で192kHz帯域になります。

これが次回のバージョンアップで追加されるSDRモニター画面です。

最大192kHz帯域でリアルタイムに青のスペクトラムが表示され、緑のカーソルをスライダーで動かしてチューニングします。

最低限必要となるハードウェアはオーディオインターフェイス以外にSDRボードです。Soft66のような安価なボードでも試すことができます。

短波ラジオを改造してSDRフロントエンドとして利用する方法を近く紹介する予定です。