V1.20リリース

PiRadioソフトウェアの最新版リリースしました。
まだまだ改良しないといけないとこだらけですが、大幅な改善になっているとは思います。
こういった音声リアルタイム処理のプログラムって何だか実際の回路を扱っているかのような気分になります。
ちょっとした問題でノイジーになったり音が途切れたり、変な音になったり・・・
でもハードよりも楽なんですが。

電波スキャナ組立キット販売

トランジスタ技術2016年7月号で紹介した、電波スキャナ基板のキットがCQ出版社から販売開始されます。
そこで組立説明書を作って欲しいと言われたので、ホームページにアップしておきました。
このボードを机の上に置いておくだけで、勝手にピカピカ光っています。スマホの定期的な通信だと思いますが、結構電波が強いです。
あと電子レンジのそばでも結構光ります。
本当の使い方は伝送路の信号の有無や定在波の確認などです。

スペクトラム拡散

PiRadioソフト改版と同時に
2/11のセミナー資料なども作成中です。

セミナーではスペクトラム拡散の実演をやる予定なので
PiRadioに簡易的なスペクトラム拡散を実装しています。
下はそのスペクトラムを表示させたものです。

ノイズの中から信号が浮かび上がる不思議な体験を
実演できたらと考えております。

レベルチャート記事アップ

ちょっと難しい内容ですが
レベルチャートの記事を先ほどアップしました。
かつて通信機メーカーに居た時は
あまり回路構成を変えない設計だったため
レベルチャートを作らなくても大丈夫的な文化でしたが、
計測器メーカーでは、かなり厳密に計算して設計しました。
特に新規な構成にする時や、新しいデバイスを使う際には必須です。
結構計算通りに物が出来上がるので
しっかり体験しておくと役にたつと思います。

FPGAプログラム手順アップ

FPGAコンフィグROMへの書き換え方法をアップしました。
最近は書き換えに必要なツール「USB Blaster」がアマゾンなどで激安で売っているので助かります。
ユーザーレポートを見るとWin10で使えなかったとあるので、注意して使用する必要はありそうです。