CW出力の不具合の原因が判明

受信機としての機能には問題なかったのですが、
CW出力端子から出力される50MHz〜2200MHzのCW波が
300MHz以下と1GHz付近で信号が出ないという不具合がありました。
このままでは簡易SGやネットアナを作る際に不便なので原因を調べていたら、シンセIC ADF4351の出力とそこに繋がるチュークコイルによるf特によって引き起こされている事が判明しました。
現状120nHがついていますが、ここを抵抗51Ωに交換するとf特は嘘のように改善されて50MHz〜2200MHz全てCWが出力されるようになりました。
詳しくは後日ページアップさせて頂きます。
これで無事ネットアナ開発を始められます。

シンセ高速化情報の追加

トラ技の記事と関連してPiRadioのシンセ高速化対応を実施したので、
内容をまとめて「シンセ高速化」ページを追加しました。
シンセ部分のループフィルタ回路とプログラムの両方を改造するとロックアップタイム高速化とローノイズ化が両立できます。
LTspiceでシミュレーションするためのビヘイビアモデルも作っています。(これは後日Webへアップする予定)
技術的な詳細はトラ技5月号に掲載予定です。