スペクトラム拡散用の廉価ミキサ記事

スペクトラム拡散の実験でセミナーでは高価なDBMを使ってましたが、秋月電子で売ってる150円ミキサICで作った実験回路をアップしました。
数百円で作れますが、ICのパッケージがSSOPでハンダ付けが難しいため、腕に自信がある方向けです。
そこで、今後のデジタル変調実験にも対応可能な、このミキサを2個使った格安IQ変調器の基板を計画中です。

感度低下の意外な原因

安いUSB電源アダプタをPiRadioの電源として使ったり、
PiRadioのそばでそういった電源を使ってる機器があると、
広帯域放射ノイズのせいで感度が悪化します。
そういった事例がきっと多々あると思われたので
ノイズ対策記事をアップしました。
そもそもUSBケーブルからノイズがすごく出ているので
そういった電源は使わない事が一番です。

大幅改善まもなくリリース

受信機として使いやすいように大幅に改良したソフトを現在最終デバッグ中で、週末にはリリース予定です。
フィルタ部分のバグを修正して音質がかなり改善されたため体感上の感度が上昇しています。
f特補正機能を追加したので1GHz以下の信号レベルは絶対値がdBmでほぼ正確に表示されるようになります。
復調モードにDSBを追加したのでSSBやCWが聞けます。
AMにはソフトウェアAGC機能を追加したので航空無線などが聞きやすくなりました。
FM、AMにはスケルチ機能追加、電力の強度であるdBmで設定できます。
SDRならではの瞬間スキャン機能を追加、1.5MHz帯域内に現れた電波を瞬間的に捉えられます。
操作は全てをマウスだけで行えます。設定をメモリできる機能も追加しました。

自己診断ソフト記事アップ

自己診断(DIAG)ソフトの記事をアップしましたが、これはハードを若干改造すれば簡易的に通過特性を測れるネットアナになります。
あくまで簡易型なので実用的なのが欲しい方は、この後開発予定の高ダイナミックレンジのスペアナ、ネットアナソフトとFPGAの完成をお待ちください。