セミナ情報、その他

2/4にCQエレクトロニクスセミナ「信号処理」実施します。

PiRadio内部で実施している復調やスペアナ表示などに使われている信号処理の実演を手軽に使える「EXCELマクロ」を使って実演と各自体験頂きます。実際にSDR信号処理で使われているアルゴリズムをそのままEXCELに落としてあります。

EXCELのソースは事前に受講者へアナウンスするので各自ダンロードして頂き、他の言語に移植するなどして信号処理に活用できると思います。なるべく完成度を上げておきたい事もあり、アナウンスは直前になると思います。

今のところ、以下の項目を実施する予定です。

フーリエ級数で波形生成→IIR係数生成方法→IIRでf特確認→FIR係数生成方法→FIRでf特確認→FFTでスペクトラム確認→窓関数による違い→AM変調と復調→FM変調と復調→SSBの変調と復調→ヒルベルト係数の生成→PN生成→デジタル変調→RCフィルタ→シンボル同期→ローカル位相同期→スペクトラム拡散の実験

その他ハード寄りでは、CICフィルタ、Cordic、レベルチャートのEXCELも準備します。

<追記>今月発売のトラ技2月号に記載のPiRadioソースコード「V2.51」のリンクがなかったので急いで追加しました。

「電波スキャナ完成品」のページがやっと出来ていたので、リンクを貼っておきました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>