正規版リリース開始

お待たせしました。

RealWaveSim 正規版が本日リリース開始されました。

一度API関係の不具合でリジェクトされたため予定より遅れてしまいましたが、なんとか無事リリースすることが出来ました。

App Storeアプリから「RealWaveSim」で検索してください。

 

正規版リリース開始” への3件のコメント

  1. ブロック図で、具体的な測定例をあげていただくと助かります。
    評価版でいろいろ夏からやっているんですが、さっぱり、使いこなせません。

    FGで50Hz〜20000Hzの正弦波と矩形波のスイープ信号を発生して、オシロのFFT表示で、アンプ、スピーカーの信号を観測することをいろいろやっています。
     オデオ仲間連中も、加東さんのトラ技9月号の記事を読んで、「オーディオ測定、スピーカのネットワークの設計とテストが、RealWaveSimでできんじゃね?」と注目はしているんです。
    でも、いかんせん。アプリケーションがマニアック過ぎて どーつかうんだ?と聞かれても私も答えようがないんです。
    Windows には、WaveGeneとWaveSpectraというフリーのアプリケーションがあって、Macにはnativeで使える国産のアプリケーションがなかったので、興味を持っている人は、私も含めて、かなりいると思うんですよ。

    そこで、よくある オーディオ特性のうち、一番使う 周波数特性の測り方と参考ブロック図をあげてもらえませんでしょうか?

  2. 連絡ありがとうございます。

    興味を持っていただいて大変ありがたいです。
    周波数特性を測る場合は
    無料評価版の場合
    File -> LoadExample -> FreqResp
    で測定可能です。
    ホームページの「周波数特性の測定」も参考にしてください。

    無料版、正規版とも今後、改良をどんどん進めていく予定ですので
    ご意見を是非伺って改善して行きたいと思っております。

    何か気になる点や、改善点など教えていただけるとありがたいです。
    今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>