インピーダンス測定

RWSは周波数特性を測定できますが、この機能を応用してオーディオ機器の入出力インピーダンス測定が可能です。

追加装置としてブリッジ回路が必要ですが、抵抗数個だけでできるので近いうちに紹介記事をアップする予定です。

例えばスピーカーのインピーダンスを測ってみるとか面白そうです。もちろんインピーダンスを周波数特性として位相込みで測ります。

外部のオーディオアンプでスピーカーを駆動してインピーダンスを測定できるはずなので、実際の負荷条件で測定できます。

スピーカーは低インピーダンスなので、駆動できるアンプを測定系に含めることが重要になりそうです。

インピーダンス測定” への2件のコメント

  1.  それをお願いしようかと思っていました (*´∀`*)ノ
    楽しみに待っています!。
    今後も、外付けのプローブ周りの参考回路、RWSの設定セットでお願いします。
     私も含めて仲間連中でグダグダ話をしていてでていた要望としては、
    ・マイクを使ってスピーカー(駆動するパワーアンプ込みで)の周波数特性を測りたい。その方法はありますか?。
    ・ヘッドホンアンプの増幅率とかひずみとか、入力した矩形波が乱れるのとか、観察するための、ダミーロード、アッテネータのアダプタの参考回路も。
    ・ヘッドホン(スピーカー)で聞いていると、どこかしらから聞こえてくるノイズの音をとらえてみたい。
    ・発生信号を録音してmp3データにすれば、YouTubeなどにアップロードして、それを再生することで、入力を受け入れない音響機器の周波数特性がある程度は測れるのではないか?

     雑多なブログをやって、キーワード検索のデータを録っていてわかることの一つとして、
     iPhone を軸とした卓上オーディオのマーケットは、個々の単価は小さいですけど、広く浅く、そこそこの(手堅い)需要が存在しているのが分かってきました。
    そこで、加東さんが作られているRWSというMacのnativeなアプリケーションは、Windows より拡大している今の状況からみても、イケると思います。

  2. 色々面白そうなアイデアですね。
    是非やってみましょう。
    こういうアイデアを実現することは楽しいですね。

    スピーカーのf特を測るにはなるべくフラットなf特のマイクをリファレンスとするのが簡単なので何か良いものないですかね。(フラットなスピーカーはあまり無いと思うので・・・)
    スピーカーのf特って多重反射などの影響で山や谷がたくさん出来そうなので測る場所も重要でしょうね。

    マイクで測定したf特の逆特性からFIRフィルタ係数を作ってRWSでリアルタイムf特補正が理論的には可能と思うので試してみたいと思っています。

    そのままでは無理ですが、測定結果に少し手を加えれば歪率をRWSで測ることもできるので今度記事にしてみたいと思います。
    矩形波の乱れは群遅延特性がからむので是非RWSで扱いたい興味深いテーマです。

    これからも色々意見をお聞かせください。
    大変参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>