インピーダンス測定用ブリッジ

インピーダンス測定用ブリッジ作ってみました。

抵抗3個だけで簡単です。抵抗値は51Ωなので50Ω付近のインピーダンスを測定するのに都合がよい値です。

このインピーダンスだとヘッドホンのインピーダンスに近いため、ヘッドホンのインピーダンスをさっそく測ってみました。ヘッドホンであればオーディオインターフェイスでも十分に駆動できるでしょう。

測定したヘッドホンはソニーのモニター用MDR-CD900STです。

すると100Hzと4kHzあたりにf特の特異点と数十度の位相回転が見られました。RWSのスペアナがLOG表示のためインピーダンス表示に向いていないので近いうちにインピーダンス測定対応で改版(バージョンアップ)します。詳細はその時にアップします。

この抵抗値を10Ω以下にすればスピーカーのインピーダンスも測れると思います。もちろんオーディオインターフェイスでは駆動できないので途中にアンプを挿れる必要はあります。

スピーカーのインピーダンス測定は後日行う予定です。

 

インピーダンス測定用ブリッジ” への2件のコメント

  1. 秋月ならSMAコネクタ SMA-J(C-02569)ですね。一個250円を4個か、ってことは、sma-jケーブルも必要そうですね。
    製作記事と部品表の方をお願いします。
    Macで、ヘッドホンの測定ができるようになれば、一つ暖めているブログテーマの強力な武器になります。
    位相まで見られるのが、感動モンです。

    • SMAコネクタは手持ちでたくさん持っていたため使っていますが、オーディオ帯域ではちょっと贅沢なのでRCAなどで作った方が良さそうですね。
      精度がそこそこなら即実現可能なのですが、精度をある程度得るためにはアプリに若干の追加機能が必要になります。
      とりあえず、すぐできる簡易版を記事にして、高精度版をアプリ改版も含めて後で追加記事にするつもりです。
      今しばらくお待ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>