連載開始

明日発売のトランジスタ技術8月号からPiRadioに関する連載がスタートします。
著者名はこれまでのペンネーム「加東宗」から本名の「加藤隆志」へ変更となります。
連載の題名は「夢のRFコンピュータ・トランシーバ製作」です。
最初は各種変調やIQ(直交)の基礎から始まり、デジタル変調、スペクトラム拡散をなるべく簡単に説明しつつPiRadioで実際に変調&復調するというものです。
その成果を利用して微弱電波のアナログ&デジタルのトランシーバや、ネットワークアナライザなどの計測器も作ります。
流れによっては色々他のことを盛り込む可能性もあります。
PiRadioの機能拡張を意識しながらやりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

SDRアンケートページ作りました

皆様のSDRへの要望や期待を知りたくてSDRアンケートのページを作りました。
ご協力いただけると大変嬉しいです。

簡単に投票できるよう複数選択式として、集計結果はその場で反映されます。
1台のPCから1回限り投票できるしくみになっております。

当初のPiRadioは可能な限り汎用的なSDRハードウェアを用意して、最低限のサンプルプログラムを用意する事で皆様に自由に改造、学習していただく教材のつもりで設計していました。
発売後に様々な要望やご意見を頂き、純粋に受信機として利用する方が予想以上に多いことが分かったため、またSDRの可能性をさらに分かりやすく示すためにも、PiRadioのレシーバープログラムは受信機として、また簡易測定器としての機能を少しづつ改善して来た経緯があります。
もっとこうしてほしい、ここを改善してほしいなど、アンケート以外のご意見も大歓迎です。
これからトラ技で始まるPiRadio/SDR関係の連載や、今後のレシーバソフト改版の方向性、次期モデルの開発へ是非反映させたいと思います。

CQエレクトロニクスセミナ

7/29に第3回目のPiRadioのセミナーを実施します。
1、2回目はPiRadioの基本構造や変復調の基礎に重きを置いていましたが、3回目はソフトの完成度も上がってきているため実際の電波の受信実演などを増やして、具体的な実装事例を多く紹介する予定です。
AM、FM、HFのSSB受信実演だけでなく、送受信ループバックでデジタル変復調の実演も行う予定です。
受信実演のためアンテナを設置できる5階(屋上階)のセミナールームを使用させて頂くことを考えています。前回のセミナールーム2階では電波の受信はかなり厳しい環境でした。

HF受信の記事アップ

短波ラジオを改造してHFアップコンバータにする記事をアップしました。
やはりアマチュア無線を受信するのはHFが面白いです。
7MHz帯は相変わらずの密度で全国の局がひしめき合っています。
ただし、この周波数域は家電から出るノイズの影響を強く受けるようで、
LED照明をつけるだけでフロアが10dB上がってびっくりです。

超簡単アップコンバータ

PiRadioのSSB受信機能が強化されたのでHFを聞いてみることに。
最も簡単にアップコンバータを得る方法がこれです。

ICF-SW7600GRの1st IFが55.845MHzなので信号を取り出したらPiRadioで受信可能です。
大雑把なバンド選択をSW7600側で行うと帯域50kHzに帯域制限されたIFが得られるので、細かい100Hz間隔のチューニングはスペクトラムを見ながらPiRadioで可能です。
フロントエンドがSW7600なので、当然ですが感度はSW7600と同等です。
SW7600の改造方法は後日アップする予定です。

若干の修正 V2.41

レシーバーソフトを見た目の変化はない範囲で少し修正しました。
①オシロの波形がシンクロするようトリガを追加
 CH1の立ち上がり0Vで固定です。設定機能は後で追加するかもです。
②1kHz以上の周波数変更時はDcCALを強制的にONにする
 DcCALは基本ONのままです。OFFにしたままを防止するため。
最新版は「使い方」に置いてあります。

送信実験基板

PiRadioにドッキングさせる送信実験基板です。
受信部にフィルタを入れる事もできる構造です。

部品代は1000円程度(基板除く)
50MHz〜200MHzで使える直交変調器となっております。
これを使ったものを色々と計画中です。
PiRadioを簡易的なトランシーバーにする事も可能。
これは調整箇所が多いし、原理がわかりやすいので学習用として考えていますが、
実用性を求めるならワンチップIQ変調ICを使用した方が良いかもですね。